Storage Server 2008 R2 Essentials の RTM で Colorado 3 兄弟が全てRTM

WHS全般

  Windows Storage Server 2008 R2 Essentials もRTMに移行し、これでWindows Home Server 2011(WHS2011)、Windows Small Business Server 2011 Essentials(SBS2011E)、Windows Storage Server 2008 R2 Essentials(WSSR2E) の Coloradoプロジェクト3製品の開発が完了しました。

110401001

110401002

110401003

オンプレミスとクラウドのハイブリッドサーバーである SBS 2011 Essentialsの注目度が高いですが、個人的にはWSSR2Eに期待しています。

この製品は3製品のうち唯一既存のドメイン環境への参加が可能となっている製品で、既存ドメイン環境の中でクライアントPCのバックアップやリモートアクセスが行えるようになっています(ユーザー数上限25)。比較的規模の大きい企業でも、クライアントPCのバックアップソリューションを導入できている企業はほとんどなく、クライアントPCの障害時にはデータのサルベージに四苦八苦しているところが大半だと思います。

WSSR2Eを導入することで、既存ドメイン環境においてもクライアントPCのバックアップとリストアが手軽に行えるようになりますので、中小規模ならず大規模のビジネス環境でも各部署毎のバックアップサーバーとして強くお勧めします。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

コメント

タイトルとURLをコピーしました