WHS2011のクライアントコネクターをインストールする

WHS2011のインストールが完了したらまず最初に、クライアントPCに対してクライアントコネクターをインストールします。

 

  1. クライアントPCから http://server名/connect  にアクセスします。
    110410001
  2. [Windows用ソフトウェアをダウンロード]をクリックします。
  3. インストールファイルのDLが開始されます。[実行]をクリックします。UACの確認画面が表示されたら[はい]をクリックします。
    110410002
  4. ネットワーク上のサーバーに接続を開始します。
    110410005
  5. [次へ]を押下します。
    110410006
  6. インストール途中に再起動される場合がある等注意事項が表示されます。
    110410007
  7. .NET Framework 4.0が未インストールの場合、インストールされます。
    110410008
  8. WHSのインストール時に指定したサーバーのパスワードを入力します。
    110410009
    (ここから[サーバーに接続]の一部がかけているのはRCからフィードバック済みでしたが、修正が間に合っていません)
  9. コンピューターの説明を入力します。
    110410010
  10. 入力した内容はサーバーのダッシュボードに表示されます。
    110410018

  11. スリープ時のバックアップについての動作を指定します。
    110410011
  12. カスタマー エクスペリエンス向上プログラムへの参加に関する確認。
    110410012
  13. 最終構成が行われます。
    110410013
    110410014
  14. インストール完了です。
    110410015
  15. ダッシュボードを開くには、サーバーのパスワードを入力します。
    110410016
    [オプション]を開くと、[パスワードを保存する][読み込むアドインを自分で選択する]オプションが表示されます。
    110410017
  16. インストール後はクライアントPCの起動時に[スタートパッド]が起動するようになります。ダッシュボードから追加したユーザーのユーザー名、パスワードを入力するとスタートパッドから[バックアップ][リモートWebアクセス][共有フォルダー][ダッシュボード]へのアクセス出来ます。
    110410019110410020
  17. スタートパッドの右上にある▼ボタンをクリックすると[設定]画面を開くことが出来ます。
    110410021
    Windowsの起動時にスタートパッドを起動したくない場合は[開始オプション]のチェックを外します。
    110410022
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする