<備忘>SBS2008で”適切に”IPv6を無効にする方法

 我が家のコレガ製無線LANルーター「WLBAR-AG」は何故か、LAN内でIPv6が
走っているとしばらくすると無線LANがつながらなくなります…。
原因不明ですが、因果関係は疑いようもなく明白なので、仕方がないので
VISTAもIPv6を切って使っています。
 先ほど久しぶりに無線LANがつながらなくなり、あれっと思ったところ、
思い当たる節が…。
昨日いれた、SBS2008です。WindowsServer2008がベースですので、SBS2008も
IPv6がデフォルトで動いています。
これを無効にしようと思うのですが、SBSの公式Blogでこんな記事がありました。
自己流で和訳してみます。あくまでSBS公式Blogの記事の勝手訳です。
もし、同じようにIPv6を無効にする必要がある方は、原文もみながら
自己責任でお願いします。

”SBS2008のNICでIPv6を無効にした場合の問題”

Windows SBS2008のネットワークインターファイスカードで、IPv6の
 チェックを無効にすると、再起動後に次のような問題が起こる可能性が
  あります
  ・Microsoft Exchange servicesが起動に失敗する。
 ・SBSが”コンピューターに設定を適用しています”の画面でハングする
  (ログオンまでに30-60分かかる)
 ・ネットワークアイコンがオフラインの表示になる
 ・以下のいくつかまたはすべてのイベントログが残る

Application Log Events

Source: MSExchange ADAccess
Event ID: 2114
Task Category: Topology
Level: Error
Description:
Process MAD.EXE (PID=2088). Topology discovery failed, error 0x80040a02 (DSC_E_NO_SUITABLE_CDC). Look up the Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) error code specified in the event description. To do this, use Microsoft Knowledge Base article 218185, “Microsoft LDAP Error Codes.” Use the information in that article to learn more about the cause and resolution to this error. Use the Ping or PathPing command-line tools to test network connectivity to local domain controllers.

--------------------–

Source: MSExchange ADAccess
Event ID: 2601
Task Category: General
Level: Warning
Description:
Process MSEXCHANGEADTOPOLOGY (PID=952). When initializing a remote procedure call (RPC) to the Microsoft Exchange Active Directory Topology service, Exchange could not retrieve the SID for account <WKGUID=DC1301662F547445B9C490A52961F8FC,CN=Microsoft Exchange,CN=Services,CN=Configuration,…> – Error code=80040a01.

The Microsoft Exchange Active Directory Topology service will continue starting with limited permissions.

--------------------–

Source: MSExchange ADAccess
Event ID: 2102
Task Category: Topology
Level: Error
Description:
Process MAD.EXE (PID=2088). All Domain Controller Servers in use are not responding: SBS.sbs2008.local

--------------------–

Source: MSExchange ADAccess
Event ID: 2105
Task Category: Topology
Level: Warning
Description:
Process MAD.EXE (PID=2088). Exchange Active Directory Provider failed to obtain DNS records for domain sbs2008.local. DNS Priority and Weight for the Domain Controllers in this domain will be set to the default values 0 (priority) and 100 (weight).

--------------------–

Source: MSExchange ADAccess
Event ID: 2114
Task Category: Topology
Level: Error

Description:
Process MSEXCHANGEADTOPOLOGYSERVICE.EXE (PID=952). Topology discovery failed, error 0x80040a02 (DSC_E_NO_SUITABLE_CDC). Look up the Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) error code specified in the event description. To do this, use Microsoft Knowledge Base article 218185, “Microsoft LDAP Error Codes.” Use the information in that article to learn more about the cause and resolution to this error. Use the Ping or PathPing command-line tools to test network connectivity to local domain controllers.

--------------------–

Source: MSExchangeFBPublish
Event ID: 8197
Task Category: General
Level: Error

Description:
Error initializing session for virtual machine SBS. The error number is 0x80040a01. Make sure Microsoft Exchange Store is running. Also, make sure that there is a valid public folder database on the Exchange server.

--------------------–

Source: MSExchangeTransportLogSearch
Event ID: 7005
Task Category: General
Level: Error

Description:
Microsoft Exchange couldn’t read the configuration from the Active Directory directory service because of error: Failed to load config due to exception: Microsoft.Exchange.Data.Directory.NoSuitableServerFoundException: The Exchange Topology service on server localhost did not return a suitable domain controller.

System Log Events

Source: Service Control Manager
Event ID: 7044
Task Category: None
Level: Warning

Description:
The following service is taking more than 16 minutes to start and may have stopped responding: Microsoft Exchange System Attendant

--------------------–

Source: Service Control Manager
Event ID: 7022
Task Category: None
Level: Error

Description:
The Microsoft Exchange Transport service hung on starting.

--------------------–

Source: Service Control Manager
Event ID: 7024
Task Category: None
Level: Error

Description:
The Microsoft Exchange Information Store service terminated with service-specific error 0 (0x0).

対処方法
  この問題を解決するには、NICのIPv6プロトコルにチェックをつけて
 サーバーを再起動する必要があります。
適切なIPv6の無効化方法

  SBS2008は IPv6を完全にサポートするように設計されており、デフォルトで
 IPv6が有効になっています。大半のユーザーはIPv6を無効にする必要はあり
 ませんが、IPv6を無効にする必要がある場合は以下の手順に従ってください。

重要
 下記の手順にはレジストリの変更を伴います。レジストリの変更を誤ると、深刻な問題が起こる
 可能性がありますので、以下の手順は慎重に行ってください(薩摩藩別邸註:自己責任でお願いします)。
  レジストリを変更する場合にはリストア出来るようにバックアップをとるようにしてください。
 レジストリのバックアップとリストアの方法は以下のKB情報を参考にしてください。322756
  (http://support.microsoft.com/kb/322756/)

    1.<スタート>をクリックし、<検索の開始>に regedit と入力し、プログラム の regedit.exe をクリックしてください。

    2. User Account Control ダイヤログボックスが現れますので、<続行>をクリックしてください。

    3.レジストリエディタ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする