WHSに SharePointと GroupBoardを

今日はとてもびっくりかつ恐縮させられました。
WHSを使い始めて参考にさせて頂いていた MVPの鳩の谷の街さんに
このブログを見ていただいたようで、鳩の谷の街さんのブログで
コメントを頂きました。こんなレベルの低いブログをご覧頂いて
冷や汗ものです…
つたないブログですが、暖かい目でご覧いただければ幸いです

 さて、今日はSharePoint Services と GroupBoardについて。
WHSはその名の通り家庭向けのサーバではありますが、小規模のSOHOなど
スモールオフィスにとっても非常に利用価値のある製品となっています。
WHSのベースとなっているのが、Small Business Server 2003(以下SBS)であること
からも明らかかと思います。
たとえば、Exchageまではいらないけれど、ファイルサーバー、PCの
バックアップ、スケジューラーがあれば十分といったスモールオフィスは
WHSのほうが管理もしやすくお手軽かもしれません。今月出るSBS2008は
インターフェイスがWHSと非常に似ていますので、まずは気軽にWHSから入り、
SBSにアップグレードするというのも考えられます。

 というような用途向けには、SharePointと GroupBoardがあれば、
基本的なスケジューラーや掲示板などが利用できます。飲食や小売店舗、
美容室、個人事務所、大学のゼミ室、学校の職員室、従業員10人弱の
オフィスなどにはもってこいではないでしょうか。あとはOffice Liveで
メールを使えば格安で必要十分のIT環境が整います。

 ということで、何回かに渡り、SharePointとGroupBoardのWHSへのインストール
について今後記載していきたいと思います。

 と、書くと我が家では使わなさそうにみえますが、本当のきっかけは家庭用の
スケジュール共用サーバーを作ってみてはどうかと思ったのが事の発端です。
子供が幼稚園にあがると、いろいろ行事も増え、週末の予定も増え、家族の
予定を共有するのもなかなか大変です。今日は幼稚園はお弁当だったとか、
給食だったとか、プールがあったとかいうのをパパもわかっていると、子供との
会話ももっと豊かになるかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする