Windows Home Server 2011のサポート期限は残すところあと半年になりました

Windows Home Server 2011のサポート期限2016年4月12日まで、タイトルの通り残すところ約半年となりました。

Windows Home Server 2011のもつ、「クライアントバックアップとベアメタルリストア」「リモートWebアクセス」「共有フォルダー」「DLNAサーバー」の機能を使っている方は、おそらくサーバーはすでに生活の中にあって当然のものであり、サーバーの存在は縁の下の力持ちとして普段意識することはない生活を送っているのではないかと思います。

クライアントコンピューターの障害時やディスクの入れ替え時にバックアップとベアメタルリストアの機能が役に立ったという方は、Windows Home Server 2011なしの世界はありえないといっても過言ではないくらい重宝していることでしょう。

WHS v1から移行を余儀なくされ、その中でDrive Extenderのような便利なテクノロジーとの別れも経験をしてきた我々ですが、まもなくWHS2011との別れのことも考えておかなければなりません。

改めて選択肢にについて整理をしてみます。

Windowsベースの後継OSの選択

Windows Server Essentials エクスペリエンス

Windows Server 2012 R2の世代になり、WHS2011やSBS 2011 Essentials固有の機能であった「クライアントバックアップとベアメタルリストア」「リモートWebアクセス」「共有フォルダー」「DLNAサーバー」などの機能は、「Windows Server Essentials エクスペリエンス」という、サーバーの役割となり、Essentials SKU以外のStandardやDatacenterなどのSKUでも利用できるようになりました。

「Windows Server Essentials エクスペリエンス」を利用するには

1.「Windows Server Essentials エクスペリエンス」がデフォルトで有効化されたEssentials SKUを購入する

「Windows Server Essentials エクスペリエンス」がデフォルトで有効化されたSKUは大きく2つあります。1つは、単体SKUとして入手が可能なWindows Server 2012 R2 Essentials、もう1つはOEM専用のWindows Storage Server 2012 R2 Essentilasです。

これらの製品の最大の特徴は、25ユーザー、50デバイスまでという制約はありますが、CALが不要ということです。また、中小企業のファーストサーバーという位置づけとCAL不要などOS自体の価格を安価に設定してある代わりとして、ドメインコントローラーとして構成する必要があり、他のドメインとの信頼関係は構築できないなどの制約があります。

ドメインコントローラーとしての機能を無効にするなどこれらの制約を回避しようとすると、一定期間経過後にOSが自動シャットダウンするようになり、継続利用できなくなります。

2.StandardやDatacenter SKUで「Windows Server Essentials エクスペリエンス」を有効化する

サーバーの役割となったことで、StandardやDatacenterエディションでも「Windows Server Essentials エクスペリエンス」が利用できるようになりました。ただし、Foundationや、Storage ServerのうちEssentials以外のエディションでは「Windows Server Essentials エクスペリエンス」を利用することはできません。

また、StandardやDatacenterエディションはOS自身が高価で、CALも必要となるため、個人や中小規模では通常選択肢にはなりえないでしょう。

Windows Server 2012 R2 EssentialsはOSだけで約6万円?!

Windows Home Server 2011の持つ機能をすべてカバーするWindowsの後継OSは、Windows Server 2012 R2 Essentialsとなります。


Windows Server 2012 R2 Essentials 64Bit DVD

このOSは、中小企業向けのエントリーサーバーとして開発されており、Active Directoryが必須になるなど、WHSというよりはSBS2011Essentialsの後継となります。しかし、Windowsの自作サーバーにこだわり、WHS2011を便利に使ってきた方には、価格以外には悩むポイントのない正統進化系の選択肢といえるでしょう。

Windows Storage Server 2012 R2 Essentials搭載 アプライアンスサーバー

Windows Server 2012 R2 EssentialsのOSだけで約6万円も出すのは高いという方には、Thecus社からWindows Storage Server 2012 R2 Essentialsを搭載したアプライアンスサーバーが販売されています。

これらの製品は、ハードウェアと一体で販売されており、OS単体で購入する価格に少し追加するだけで2,4,5ベイ搭載のサーバーが購入できるため、どうせ投資するならアプライアンスサーバーの選択肢も検討に値するでしょう。

Essentialsならではの機能

Essentialsならではの最大の機能は、クライアントコンピューターの自動バックアップとベアメタルリストアです。

これ以外の機能の大半は、他のNAS製品を選択しても利用できます。

日々クライアントコンピューターを自動でバックアップし、障害時にはネットワーク上のサーバーに保存されたイメージからクライアントコンピューターのフルメタルリストアが可能です。WHS2011のフルメタルリストアでは、リストア用のUSBメモリを作成してUSBメモリからブートしていましたが、Essentialsのベアメタルリストアでは、ネットワークブート(PXE)機能を利用してリストアすることができます。

2012世代になり、記憶域スペースも利用可能に

Windows Server 2012 から搭載されたブロックベースのストレージ仮想化技術、記憶域スペースも利用できます。WHS2011ではDrive Extenderが削除されたことでWHS v1のようなストレージ仮想化は3rdパーティのアドイン等に頼らざるを得ませんでした。

Windows Server 2012からは、記憶域スペースが利用できますので、複数のHDDを束ねてまとめて利用し、さらには1台または2台までのHDD障害からデータを保護する回復性も備えることができます。

NASという選択肢

ReadyNASやQNAPなど、独自OSを搭載したNAS製品も選択肢の一つです。これらの製品は、スマートフォンでの利用やメディアサーバーとしての機能なども備えています。クライアントコンピューターのフルメタルリストアが必要でない方は、こういった製品も十分選択肢となり得るでしょう。

ReadyNAS 104 【3年保証】 4ベイ Diskless RN1040...
送料無料
商品コード : NG14333023
型番 : RN10400-100AJS
22,800円(うち消費税1,689円)
ReadyNAS 316 【5年保証】 6ベイ Diskless RN3160...
送料無料
商品コード : NG14294438
型番 : RN31600-100AJS
53,365円(うち消費税3,953円)
ReadyNAS 102 【3年保証】 2ベイ Diskless RN1020...
送料無料
商品コード : NG14333022
型番 : RN10200-100AJS
12,980円(うち消費税961円)
ReadyNAS EDA500 【5年保証】 5ベイ 拡張シャーシ Diskle...
送料無料
商品コード : NG14294443
型番 : EDA500-100AJS
39,800円(うち消費税2,948円)

TS-420-D
商品コード : QN14989858
型番 : TS-420-D
63,504円(税込)
TS-431
商品コード : QN14879946
型番 : TS-431
60,696円(税込)
TVS-471-8G
商品コード : QN14921101
型番 : TVS-471-8G
199,800円(税込)
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする