WHSに保存したTimeMachineバックアップからMacをリストアする

WHSでMacのTime Machineを!でWindows Home Serverで
Macもバックアップする方法をご紹介しましたが、いざリカバリが
必要な事態になった場合のリストア方法をご紹介します。

Macが起動しない場合にはDVDからMac OSをインストールします。(ユーザーは適当に登録しておきます)
インストールが完了し、デスクトップ画面が表示されたら
以下の手順を実施します。

ピクチャ 1 [移動]>[サーバーへ接続]を選択
090730001 smb://[WHSのサーバー名]
と入力して[接続]します。
090730002 パスワードを求められたら、WHSに登録しているユーザー名かadministratorでログオンします。
ピクチャ 6 TimeMachineでバックアップを保存していたフォルダを選択します。
ピクチャ 7 マウントすると、フォルダに保存されたバックアップファイルが表示されますので、ダブルクリックしてマウントします。
090730003
090730004 マウントが完了したら、ドックのTimeMachineを選択し、[ほかのTime Machine ディスクをブラウズ]を選択します。
090730006 先ほど開いたバックアップが表示されるので、選択します。
ピクチャ 11 Finderを起動し、[アプリケーション]から[移行アシスタント]を選択します。
migrationで検索するとすぐ出てきます。
ピクチャ 12 移行アシスタント ウィザードが起動します。
090730007 [Time Machine バックアップ またはほかのディスクから]を選択します。
ピクチャ 17 一覧にWHS上のバックアップが表示されます。あとはウィザードの指示に従って復元します。ディスク容量によりますが、1時間くらいでリストアが完了します。
再起動したら、システムの環境設定で元のアカウントを起動時のアカウントにし、OSインストール時に仮に入れたユーザーは削除してしまってかまいません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする