Android タブレット から Windows Server 2012 Essentials にリモートデスクトップで接続しよう

以前、Android タブレット から Windows Home Server 2011のダッシュボードを開こうで、

未検証ですが、WIndows Server 2012 Essentialsや Small Business Server 2011 Essentials のサーバーダッシュボードには、RDP Windowsリモートデスクトップ側にDDNSアドレスを利用してTS Gatewayの設定を施すことで、LAN外からもアクセスできるはずです(クライアントPCへのリモートデスクトップ接続は出来ないことは変りません)

と書きました。実際に検証して、3G/4Gの回線を使うなどして、外出先から Windows Server 2012 Essentials にリモートデスクトップで接続出来ることを確認しましたので、手順を説明します。

  1. RDP Windowsリモートデスクトップを開き、[接続の追加]を押下します。
  2. 接続設定画面を開きます。
    130607001
    ラベル:任意の名称
    ホスト:サーバーのコンピューター名(SERVERなど)
    ポート:3389 (直感的にはこれを443にする必要がありそうなのですが、3389のままでないと接続出来ませんでした。)
    Credentials:押下して、ユーザー名、パスワードはWindows Server 2012 Essentials の管理者のアカウント、ドメイン名はWindows Server 2012 Essentials のドメイン名(CONTOSO等)を入力します。
  3. [上級編]を押下します。
  4. [ゲートウェイを有効にする]をチェックし、[ゲートウェイの設定]を押下します。
    130607002
  5. 次の画面で以下の設定値を入力します。
    130607003
    ホスト: xxx.remotewebaccess.com のDDNSアドレス
    ポート:443
    ユーザー名:Windows Server 2012 Essentials の管理者アカウント
    パスワード:Windows Server 2012 Essentials の管理者アカウントのパスワード
    ドメイン:Windows Server 2012 Essentials のドメイン名(CONTOSO等)

以上で設定を保存すれば完了です。
以下のように、Androidデバイスから4G経由でリモートデスクトップ出来ます。
130607005

Android タブレット から Windows Home Server 2011のダッシュボードを開こう

[Remote Program]:%windir%\system32\ConsoleLauncher.exe 
[Working Directory]:C:\Program Files\Windows Serer\BIN\

の設定を行えば、直にダッシュボードを開くことも出来ます。

リモートデスクトップ接続を行った際に、キーボードが英語キーボードで認識されるのを避けるには、RDホスト側のレジストリに以下の値を設定します。

キー : HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout
名前 : IgnoreRemoteKeyboardLayout
種類 : REG_DWORD
値 : 1

また、Windows Server 2012 Essentials のリモートWebアクセスサイトからのリモートデスクトップは通常のRDゲートウェイ接続なので、2のホスト名をクライアントPCのコンピューター名に変更すればクライアントPCへのリモートデスクトップ接続も可能です(クライアント側のリモートデスクトップの設定で、「ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する」から、「リモートデスクトップを実行しているコンピューターからの接続を許可する」に設定を変更してください)。このあたりはWindows Home Server 2011 のようにActiveXを利用してカスタマイズされたRWAとの実装の違いになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする