Windows 10 ver 1803 April 2018 Updateが4/30より配信開始

Windows 10 April 2018 Updateの配信開始が正式に公表されました。Ver 1803ということで、2018年3月にはRTMもしていたわけで心待ちにしていましたが、4月ギリギリのGAとなりました。

主な変更点は、Windows 10 April 2018 Update を発表で、マイクロソフトから日本語でも解説されています。

注目の新機能の例

タイムライン

Windows 10 April 2018 Update を発表でも紹介されているタイムラインの機能は、これまで仮想デスクトップの起動が割り当てられていた[タスクビュー]アイコンに割り当てられています。

Windows + Tab キーでも起動することができます。

同一アカウントでログインし、サポートされているアプリ(OfficeやEdgeなど)で開いたファイルの履歴が、デバイスにかかわらず表示されます。ファイルがOneDriveなどのクラウドに保管されていれば、途中となっていた作業も、デバイスを問わずこのタイムラインから再開できます。

近距離共有(Near Share):Wi-FiやBluetoothを用いた、近くのデバイスとの共有

iOSのAir Dropのような機能が、Windowsでも利用できるようになります。

近くにあるWindowsデバイスに、Wi-FiやBluetoothを用いてファイルやサイトのURLを共有することができます。

Edgeでは、右上の共有アイコン、

Windows エクスプローラーでは共有タブの、共有アイコンから共有先のコンピューターを選択して送信することができます。

共有先のコンピューターは近くにあるPC、または同一のネットワークに接続されているPCから選択できます。

機能の有効/無効や受信したファイルの保存先など、近距離共有に関する設定は、[設定]>[システム]>[共有エクスペリエンス]から変更することができます。

Windows Defender Application GuardがProでも利用可能に

仮想化技術を利用して、Edgeをローカル環境とは異なる仮想環境上で動かすことで、セキュアで独立した環境でブラウジングを実行できます。これにより、マルウェアなどの脅威からコンピューターを守ることができます。

このWindows Defender Application Guardは、Windows 10 Enterprise で利用できましたが、Ver 1803からProでも利用できるようになりました。実際に利用するには、[Windowsの機能の有効かまたは無効化]から、[Windows Defender Guard]を有効にします(コンピューターの再起動が求められます)。

機能を有効にして再起動後、Edgeのメニューに[新しいApplication Guard ウィンドウ]が追加されています。

初回の起動時には、仮想環境を用意するため時間がかかります。また、現在日本語環境での利用は別途対応(山市さんの記事)が必要です。

参考:Windows Defender Application Guard で Microsoft Edge を最もセキュアなブラウザーに

Windows Defender Application Guard hardware requirements

Windows Updateの改善

Windows Updateの大部分がバックグランドで行われるようになります。これにより、Updateの適用に要する時間が大幅に短くなります。

また、適用の準備ができたら通知がされるようになります。この通知の中では、今すぐ再起動するか、時間を指定するか、後で再度通知するか選択できます。

次はRS5へ

コードネームRS4として開発されてきたVer 1803が正式公開となり、すでに開発は次のRS5に向けて動き出しているようです。RS5はタイミングとしてはWindows Server 2019と同じタイミングとなることが想定され、Windows Server 2019で取り込まれる改善も含まれてくるかもしれません。

RS5については、Windows Insider Previewのブログでビルドのリリースと機能改善内容の情報が公開されています。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする