Windows Server 2019 Essentialsは結局どんなサーバーになったのか

Windows Server 2019 がGAとなりましたので、RTW版のWindows Server 2019 Essentialsを早速インストールしました。

いったんGAとなったWindows Server 2019ですが、アップグレードインストール時にユーザープロファイルが消えるなどの問題で、配信が一旦中止されています。ダウンロード済の方はインストールしないよう案内されていますので、ご注意ください。

Windows Server Essentials エクスペリエンスがないということは

Windows Server Essentialsエクスペリエンスの消えた、Windows Server 2019 Essentialsとはいったいどんなサーバーになっているのか、実環境でインストールして確認してみました。

インストールプロセスも単純に

これまでのWindows Server Essentialsのインストールは、

  1. OSのインストール(通常のWindows Serverのインストール)
  2. Windows Server Essentialsエクスペリエンスのインストール

の2つのパートから構成されており、OSのインストールが完了すると再起動後にEssentialsエクスペリエンスの構成ウィザードが始まっていました。

Windows Server 2019 Essentialsでは、2がなくなることで、1のOSインストールで終了します。

インストールが完了したデスクトップも他のサーバーと何も変わりません。

Widnows Server 2019 Essentialsで利用できる役割は?

サーバーの役割に表示される役割は、以下のように非常にすっきりしています。

中小企業に必要な、ドメインコントローラー、WSUS、ファイルサーバー、リモートアクセス、プリントサーバーとしては十分です。

Active Directoryは必須?

答えは「Yes」です。

EULAを確認すると、Windows Server 2016 Essentialsと全く同じように、以下のように書かれています。

2.使用権

 b.サーバー ソフトウェアのインスタンスの実行

  1. (省略)
  2. お客様は、本サーバーの Active Directory を構成しているドメイン内でサーバー ソフトウェアを実行しなければなりません。
  • ドメイン コントローラー (FSMO (Flexible Single Master Operations) の役割がすべて含まれている単一のサーバー)
  • ドメイン フォレストのルート
  • 子ドメインでないこと
  • 他のドメインとの信頼関係がない

3 追加のライセンス条件および追加の使用権。

  1. ACTIVE DIRECTORY初回インストールの日から 30 日後、ソフトウェアは Active Directory が上記の第 2b.ii. 項で規定されるとおり適切に構成されているかどうかを定期的にチェックします。チェックに失敗すると、構成を訂正を促す警告が表示され、コンプライアンス違反が続いた場合ソフトウェアの自動シャットダウンが行われます。 構成が修正された場合、警告は表示されなくなり、自動的なシャットダウンが発生しなくなります。

おそらく、ここが今回のWindows Server EssentialsエクスペリエンスがなくなったWindows Server 2019 Essentialsの注意ポイントになると思います。

OSのインストール後に、Active Directoryの構成に導くEssentialsエクスペリエンスの構成ウィザードは表示されませんが、Active Directoryのドメインコントローラーとして適切に構成しないと、一定期間経過後自動シャットダウンされます。

その他にも、EULA上の記載はWindows Server 2016 Essentialsと同様のため、25ユーザー上限や、CAL不要、「物理(ハイパーバイザー)+仮想インスタンス」の構成が可能といった点は変わりありません。

Windows Admin Center

Windows Ademin Center 1809をインストール(サーバーマネージャを開くと、インストールするか聞かれます)することで、Windows Admin Centerを通じたブラウザ上でのサーバー管理も可能です。

ユーザーの作成や共有フォルダーの作成はここからできますので、ダッシュボードの変わりになるかと思います。

(記憶域スペースダイレクトではない)記憶域スペースの作成はAdmin Center上からはGUIではできません。PowerShellを経由する必要がありますので、ここは注意が必要です。

このように、簡単に言ってしまうと

  • Windows Server Essentialsエディションから、Essentialsエクスペリエンスを削除しただけ

のOSとなっています。これまでのWindows Server Essentialsエディションと異なり、ベースOSに対して追加の開発はほぼかかっていないと思われるので、相当戦略的な価格設定がされれば意味があるかなと感じています。値段がどれくらいになるのかが気になるところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする