[WSE:FAQ]Windows 10のアップデートをしたら、Windows Server Essentialsコネクターが動作しない

最近TechNetフォーラムにもなかなか貢献できていないのですが、先日久しぶりにWindows Server Essentials関連の質問があったのが目に留まりました。
Windows Server Essentialsコネクターがアンインストールできない (Windows Server 2016 Essentials & Windows10 1903)

内容は、Windows 10 1903でクライアントコネクターが動作しなくなり、再インストールしたいが、アンインストールもできないというものでした。

Windows 10 のアップデートで動作しなくなるWindows Server Essentialsのクライアントコネクター

Windows Server Essentialsはすでに開発が終了しており、Windows 10の開発の中でも正直ほとんど考慮されていないと思われます。

実際、OSアップデートを適用するとコネクターが動作しなくなることが報告されています。
Windows 10 1903 feature update breaks the client connector
原因は、Windows 10のOSアップデートにより、Windows Server Essentials関連のサービスが動作しなくなることにあるようです。

解決には、こちらのサイトでも紹介されている通り、

  1. Windows Server Essentialsコネクターをアンインストールする
  2. タスクスケジューラを開き、\Microsoft\Windows\Windows Server Essentials配下に登録されているタスクをすべて削除する
  3. Windows Server Essentialsコネクターを再インストールする

という手順を踏む必要があります。

コネクターをアンインストールするには、設定>アプリ>アプリと機能から、Client Connector for Windows Server Essentialsを選択し、[アンインストール]を押下します。

Windows Server Essentialsコネクターがアンインストールできない場合

今回のTechNetフォーラムでの相談事例は、[アプリと機能]にClient Connector for Windows Server Essentialsが表示されておらず、アンインストールができないというものでした。

Windowsでアプリケーションがアンインストールできない場合、コマンドラインからmsiexecを使ってアンインストールする方法がありますので、今回はそちらを紹介して解決しました。

  1. PowerShellで、wmic product listを実行し、アンインストールしたいアプリケーションの[IdentifyingNumber]を特定する
  2. PowerShellで、以下のコマンドを実行してアンインストールする
    msiexec /x “[IdentifyingNumber] “

msiexec /x “{563CB0AF-E0B5-42B1-AB42-8E6964349900}”
のように、 [IdentifyingNumber] は{}を含め””で囲って入力します。

お困りの方の参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする