[FAQ]サーバーの記憶域からHDDを強制的に取り外す方法

HDDに障害が発生した場合、WHSのコンソールからHDDの取り外しをしても
取り外し出来ない場合があります。その場合は、以下の手順で強制的にHDDを
削除します。
 # レジストリの操作は危険が伴います。自己責任で御願いします。
1. WHSにリモートデスクトップまたはディスプレイ・キーボードをつなげて
 コンソールにログオンします。
2. スタート>ファイル名を指定して実行>regedit と入力してOKを押下します。
3. レジストリエディタで以下のキーに移動します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Home Server\
4. ここで念のために以下の手順でレジストリのバックアップをとります。
 上記のキーを右クリック>エクスポート>任意の場所・名前を指定して保存
5. 以下のキーに移動します。
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Home Server\Storage Manager\Disks
  配下のキー(”xxxxxxxx-0000-0000-0000-000000000000″の形式)から、障害が発生している
  HDDを特定します。
HDDの特定には、
  HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Home Server\Storage Manager\
Disks\xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx\Attributes の
文字列キー:ManufactureName
 を見ると、コンソールに表示されている名称が格納されているのでわかりやすいかと思います。
6. HDDが特定出来たら、”xxxxxxxx-0000-0000-0000-000000000000″が対象のHDDを示すキーと
 なるので、
  HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Home Server\Storage Manager\
Disks\xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
 を削除します。
7. 6と同様に、以下のキーも削除します。
 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Home Server\Storage Manager\Volumes\xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx
 終了後、WHSを再起動します。
以上で終了です。万が一問題が発生した場合には、4でバックアップしたレジストリをダブルクリックして
復元してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする