HP Gen8 サーバーシリーズで Windows Server 2012 R2 をサポートする、HP Service Pack for ProLiant (SPP) Version 2014.02.0 が公開されました

HP MicroServer Gen8 を始めとする、Gen8 サーバーシリーズで Windows Server 2012 R2 を正式にサポートする、HP Service Pack for ProLiant (SPP) Version 2014.02.0 が公開されました。これにより、HP intelligent Provisioning を利用してWindows Server 2012 R2 の自動構成も可能となりました(HP MicroServer Gen8 に Intelligent Provisioningを使って OSインストール)。

先日2012年2月からHP ProLiant MicroServerのファームウェアアップデートには保証期間であるか、有償契約が必要にでお伝えしたとおり、ダウンロードには保証期間内であるか有償のサポート契約が締結されていて、それらの情報と紐付けられているHPサポートIDが必要になります。

140220001

今回サポート対象として追加されたのはWindows Server 2012 R2 だけでなく、以下のようにRed Hat LinuxやVMware、vSphereも追加されています。

  • Microsoft Windows Server 2012 R2
  • Red Hat Enterprise Linux 5.10
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5
  • VMware ESXi 4.1 U2
  • VMware ESXi 5.0 U3
  • vSphere 5.1 U2
  • vSphere 5.5

サポートページからISOイメージをダウンロードし、そのISOでサーバーをブートするとアップデートを実行することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする