小さな会社のIT担当者が知らないと困る Windows導入と運用の常識

  Windows Small Business Server の MVPである澤田 賢也さんが、掲題の本を出版されました。SBSとWHSは開発チームが同じこともあり(WHSのコンソールと、SBS2008のコンソールが似ているのもそのせい)、我々MVP同士もいろんな機会でご一緒することが多いです。実は昨日もご一緒させて頂いた際にこの本のお話を伺ったのでご紹介します。

MVPは特定の製品に精通していることが条件であったりするのですが、澤田さんのブログをごらん頂けるとおわかり頂けるかと思うのですが彼はSBSだけでなくほんとに多岐にわたった分野に精通していらっしゃいます。それはお仕事である企業のIT担当者というバックボーンや、得意分野のSBSが企業向けのオールインワンパッケージであることもその理由の一つだと思っています。
Serverを管理するには、上位から下位のレイヤの垂直方向はもちろん、各レイヤ内の水平方向でも幅広い知識が求められます。WHSも規模はもっと小さいながら同じだと思っていまして、本当に使いこなすには幅広い知識が求められると思います。

WHSユーザーの方にも非常に参考になる本だと思います。興味があったら是非ごらんになってください。
(私もさっそく注文しました。)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする