Windows Server Essentialsエクスペリエンスが、複数のドメインコントローラー環境でのAzure Active Directory や Office365 などのオンラインサービスとの統合をサポート

Windows Server 2012 R2 Essentials 及び Windows Server Essentials エクスペリエンスには、Office 365やAzure Active Directoryなど、マイクロソフトの提供するオンラインサービスとの統合機能があります。

このオンラインサービス統合機能はこれまで、単一のドメインコントローラー環境でのみサポートされてきましたが、2014/8/12にリリースされた「Windows RT 8.1、8.1 の Windows、および Windows Server 2012 の R2 用の更新プログラムのロールアップ 2014年 8 月」の再更新(2014/9/2に公開)で、複数のドメインコントローラーが存在する環境、あるいはドメインメンバーサーバーでWindows Server Essentials エクスペリエンスを有効にした環境においても、利用できるようになりました。

元来、Windows Server Essentials エクスペリエンスは、大規模環境においてもクライアントPCバックアップなどの機能を利用するために、Windows Server 2012 R2 Essentials の固有機能がサーバーの役割化されたものでした。一方で、Azure Active DirectoryやOffie 365などのオンラインサービスの統合機能については、Windows Server 2012 R2の制約(単一のドメインコントローラーであること)が機能上適用されたままとなっており、不便な状況にありました。

今回の改善で、更に大規模環境におけるEssentialsエクスペリエンスの使い勝手があがることとなりそうです。

参考:

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする