[FAQ:WSE]Essentialsが利用できるSKU一覧

Windows Home Server 2011 や Small Business Server 2011 Essentials 特有の機能である、「クライアントバックアップ」「リモートWebアクセス」「ダッシュボード」などの機能は、現在のWindows Server 2012 R2から、Windows Server Essentials エクスペリエンスとしてサーバーロール化されました。この機能を利用できるSKUは以下の通りです。

Essentialsが当初から構成されているWindows Server 2012 R2 Essentialsと、Windows Storage Server 2012 R2 Essentialsは、従来のSmall Business Server 2011 Essentialsの延長線にあるプロダクトで、中小規模の最初のサーバーとしての利用の位置づけで、Active Directoryの唯一のドメインコントローラーとなることが必須となっています。このため、ドメインコントローラーから降格したり、他にドメインコントローラーが存在しているなどEULAに反する利用をすると、一定期間経過後OSが自動的にシャットダウンするようになります。

Windows Storage Server 2012 R2シリーズは原則としてOEMのみの提供となります(一部MSDN等でも入手は可能ですが)。

  SKU

Essentials
エクスペリエンス利用可否

Windows Server 2012 R2 Standard

DataCenter

Essentials


(無効化不可)

Foundation

×

Windows Storage Server 2012 R2 Workgrouop

×

Standard

×

Enterprise

×

Essentials


(無効化不可)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする