Windows Server 2012 R2

スポンサーリンク
Windows Server 2012 R2

OEMメーカーが記憶域スペースをサポートし始めた~IBM System x NAS~

記憶域スペースは、Windows Server 2012 から導入された新たな記憶域仮想化テクノロジーですが、RAID機能を無効化できるHBAしかサポートしないなど、従来ハードウェアRAIDを推し進めてきたベンダーからすると担ぎづらいところ...
Windows Server 2012 R2

最近公開された2つのドキュメント

最近、個人的に気になる2つのドキュメントがマイクロソフトから公開されましたので備忘録として。1つはストレージに関するもので、記憶域スペースやデータ重複除去、シンプロビジョニングやトリムを通じた領域解放などWindows Server 201...
Windows Server 2012 Essentials

コンピューター名に (-)(ハイフン) を用いると、リモートデスクトップゲートウェイを経由した リモートデスクトップ接続に失敗する

Windows Server 2012 R2 Essentials を利用すると、リモートWebアクセスサイト(RWA)からローカルネットワーク内のコンピューターに対するリモートデスクトップ接続を行うことができます。以前の製品(WHS ...
Windows Server 2012 R2

Microsoft Virtual Academy の無料コンテンツでサーバーOSに関する知識を身につける

Microsoft Virtual AcademyはMicrosoft が無料で公開している、Microsoft製品の自習サイトになります。サイトをご覧頂くと「専門家が提供する~」と記載があることに気づかれると思いますが、大半のコンテン...
Windows Server 2012 R2

記憶域スペースでファイル削除した場合にディスクの使用領域を解放する

記憶域スペースでは、物理ディスク内の領域を256MB毎に区切り(スラブ)、それらを仮想的に1つにまとめ(プロビジョニングスラブ)、記憶域プールとして1つの物理ディスクであるかのようにみせています。 (仮想ディスクとしての)記憶域スペー...
Windows Server 2012 R2

マウスコンピューターからWindows Server 2012 R2 Essentials 搭載 SV220ES が発売、OSレスでも購入可能

マウスコンピューターから、4台のホットスワップベイ 対応3.5インチHDDベイを搭載したサーバー、SV220ESが発売となりました。以前このブログでも紹介したSV200ESの後継製品となります。最小構成を購入する場合、2013/12/2...
Windows Server 2012 R2

「Windows Server 2012 R2 記憶域スペースのアーキテクチャと設計・管理のベストプラクティス」ホワイトペーパーを執筆しました

「Windows Server 2012 R2 記憶域スペースのアーキテクチャと設計・管理のベストプラクティス」という題でホワイトペーパーを執筆させて頂きました(その他のWindows Server 2012 に関するホワイトペーパー一...
Windows Server 2012 R2

現時点では、Windows Azure の Windows Server 2012 R2 VM では記憶域スペースを利用できません(2014年1月修正予定)

Windows Azure上で作成されたVHDに関して、Windows Server 2012 R2 の記憶域スペース機能と互換性がないことがMSDN Blogsでアナウンスされています。作成したVHDは、サーバーマネージャーで表示され...
Windows Server 2012 R2

記憶域スペースの障害時に、データを復旧する有償ソフト「ReclaiMe Storage Space Recovery」

記憶域スペースで障害が発生した場合に、データを復旧することができる(という)有償ソフトウェア「ReclaiMe Storage Space Recovery」という海外製のソフトウェアがあります。お値段はなんと$299.95というと...
Windows Server 2012 R2

Windows Server 2012 R2 Essentials 向け Windows Phone 8 アプリがリリース

Windows Server 2012 R2 向けのWinodows Phone 8 アプリ、My Server 2012 R2 がリリースされました。Windows Server Essentilas エクスペリエンスを有効にしたSt...
Windows Server 2012 R2

ワークフォルダーで利用するポートを変更する

Windows Server 2012 R2 の新機能であるワークフォルダーは、BYODを支援する、Windows Server 2012 R2 の新機能です。会社(や自宅など)に設置されたオンプレミスのWindows Server 2...
Windows Server 2012 R2

[FAQ:WSR2E]記憶域階層を構成する場合の注意点

Windows Server 2012 R2 では、SSDとHDDを組み合わせて両方の特徴を持つ記憶域スペースを作成することができます(Windows Server 2012 R2 の記憶域スペースは、Write-Back Cache ...
Windows Server 2012 R2

Windows 8.1 RTM、Windows Server 2012 R2 RTM GA と 評価版ダウンロードについて

Windows 8.1 と Windows Server 2012 R2 がRTMとなりました。 評価版は以下のURLからダウンロード出来ます。 Windows 8.1 Enterprise 評価版のダウンロード: Windows...
Windows Server 2012 R2

JBODエンクロージャーを使用して記憶域スペースを利用している場合の Hotfix が公開されています

恐らく国内ではあまりSAS JBODエンクロージャーを使用して記憶域スペースを利用しているケースはまだそうそうないのではないかと思います(特にこのブログを読んでいるような個人ではまずないでしょう)が、FIX: Only the last a...
Windows Server 2012 R2

記憶域階層/ライトバックキャッシュの構成に必要なSSDの台数

(記憶域階層でパリティスペースはサポートされないことが不明瞭だったため、記述を修正しました) Windows Server 2012 R2 の記憶域スペースは、Write-Back Cache と 記憶域階層 をサポートで、記憶域階層...
Windows Server 2012 R2

Windows Server 2012 R2 のデュアルパリティは、ストライプあたり3つのパリティストライプが存在

  Windows Server 2012 R2 では、デュアルパリティ(RAID 6相当)が利用可能にで、Windows Server 2012 R2 ではデュアルパリティが利用出来ることになったことを紹介しました。 その中で、デュ...
Windows Server 2012 R2

Windows Server 2012 R2 では、デュアルパリティ(RAID 6相当)が利用可能に

Windows Server 2012 R2 では、記憶域スペースの機能強化が図られていますが、回復性として新たに 「デュアルパリティ」が利用可能となりました。デュアルパリティは、パリティ情報を2台のディスクに書込むことで、より回復性を高め...
Windows Server 2012 R2

Windows Server 2012 R2 の記憶域スペースは、Write-Back Cache と 記憶域階層 をサポート

Write-Back Cache Windows Server 2012 R2 Preview&System Center 2012 R2 Preview 評価ガイドでは、ライト バック キャッシュ と記載されています。 ライトバッ...
Windows Server 2012 Essentials

Windows Server 2012 R2 Preview - 既存のドメイン環境で、Essentials の役割を利用する方法

Windows Server 2012 R2 からは、 DataCenter や Standard のSKUでも、Essentials の役割を追加することで、クライアントバックアップやリモートWebアクセスが利用出来ます。 既存のドメ...
Windows Server 2012 Essentials

R2では Windows Server Essentials Experience 役割で、StandardやDataCenterでもクライアントバックアップなどが可能に

今日からWindows Server 2012 R2 、Windows Server 2012 R2 Essentials のプレビューが公開されました。以前このブログでも書いたように、Essentials についてはR2では大きく方向...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました