WHSのiTunes Server 機能を使いながら、ipod/iphoneとも同期する

AcerのH340/H342、HPのData Vault/Media Smart Server には、Firefly Media Server の機能を統合した iTunesサーバー機能が搭載されています。

Acer H340/H342のiTunesサーバー設定画面 Data Vault/Media Smart Server のiTunesサーバー設定画面
100912001 100912002

WHSにiTunesのライブラリを保存してしまえば、クライアント側PCに楽曲データを保存する必要がありませんし、どのクライアントPCからでも楽曲データにアクセスして再生できるメリットがあります。

この場合デメリットがあり、iTunesとipod/iphoneを同期しようとすると、iTunesはローカルに楽曲データがないと同期できません。
この場合は、WHS上の楽曲データを登録したフォルダを、クライアントPCで”ネットワークドライブ”として登録し、iTunesからそのネットワークドライブ内の音楽を取り込むことで、iTunes上であたかもローカルに楽曲データがあるかのように利用出来ます。

興味を持たれた方は、http://www.asahi.com/digital/column04/TKY200811260275.html に詳しい解説がありますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. snow より:

    SECRET: 0
    PASS: 3a7b6d8252484e55b3f560f1e77032b9
    iTunesのデータ保存先をネットワーク上の共有フォルダにしておけばネットワークドライブとして登録しなくてもiPhoneなどと同期できますよ。

  2. ださっち より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > iTunesのデータ保存先をネットワーク上の共有フォルダにしておけばネットワークドライブとして登録しなくてもiPhoneなどと同期できますよ。
    コメントありがとうございます。自分もその方法で使っていますので、それも追記して紹介しますね。