WHS2011で共有フォルダーを作成する

Windows Home Server 2011

WHS2011ではDEがなくなり、サーバーの記憶域というストレージプールの概念が無くなったため、共有フォルダーはどのHDDにあるのかかダッシュボード上に表示されるようになりました。

110420002

 

共有フォルダーを作成するには、[フォルダーの追加]を押下します。
110420003

[名前]にフォルダー名を入力すると、場所にはデフォルトで D:\ServerFolders配下が指定されます。他のHDDに作成したい場合は、[参照]を押下して作成先のHDDを指定することが出来ます。

110420004

[説明]欄に入力した文字列は、ダッシュボード上の[説明]カラムに表示されます。

[次へ]を押下すると、アクセス権の設定になります。

110420005

[特定のユーザー]を選択すると、ユーザー毎にアクセス権を

  • アクセスなし
  • 読み取り
  • 読み取り/書き込み

の3種類から指定できます。

110420006

以上でフォルダーの作成は完了です。

 

作成したフォルダーを他のHDDに移動するには、フォルダーを右クリックして、[フォルダーの移動]を選択します。

 110420007

接続されているHDDの中から、移動先のHDDを指定することが出来ます。

 

WHS2011からはシャドウコピーを利用することが出来ます。シャドウコピーの有効化はHDD単位で指定しますので、各ハードドライブのプロパティで指定します。デフォルトでは有効になっており、1日に2回作成されます。

110420008

 

フォルダやファイルの[以前のバージョン]を復元するには、クライアントPCから、サーバーの共有フォルダーを右クリック、[以前のバージョンを復元]を選択すると、日時を指定して復元することが出来ます。
110420010

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

コメント

タイトルとURLをコピーしました