[FAQ:WHS2011]WHS2011のリストアCDで適用するドライバー

WHS V1のクライアントリストアCDは、WinPE 2.0 x86でした。従って、リストア時にリストアCDがNICを正しく認識出来ない場合は Windows Vista用の32bit用ドライバを用意して読み込ませてくださいと案内をしてきました。

WHS V1のリストアCDがWinPE 2.0であるのは、リストアCDの中を覗いてみるとわかる部分があります。
たとえば、WPEUTIL.EXEのプロパティをみてみると、ファイルバージョンが6.0.6000で始まっていることから、Windows Vista 無印世代だとおわかり頂けるかと思います。
110429200

 

それでは、今回WHS2011のリストアCDはどのような環境になっているのでしょうか。WHS 2011のリストアCDでは、32bit/64bitのコンボCDになっているため、まず起動時に32bitか64bitかを選ぶことが出来ます。
110429001

  肝心のバージョンはというと、リストアCDの中を見ただけではわかりませんでした。リストアCDをセーフモードで起動してみると、画面上部に ビルド7600 の文字が確認出来るかと思います。ここから、Windows 6.1.7600すなわちWindows 7 無印世代であることが確認出来ます。従って、Win PE 3.0ということになります。
110429101

このことから、WHS2011のリストアCDでNICやマスストレージドライバを正しく認識出来ていない場合は、起動時に選択した32bitまたは64bitいずれかの、Windows 7 用ドライバを適用すればよいということになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする