WHS2011のフルリストア

Windows Home Server 2011

WHS2011ではシステム領域含めたサーバーのフルバックアップが可能となっています(WHS2011のサーバーバックアップを構成する参照)。バックアップ イメージからサーバーのフルリストアを行う場合、以下の手順で実行します。これはプライマリHDDに障害が発生した場合に有効なリストアとなります。セカンダリHDDに障害が発生した場合は、サーバーのダッシュボードから復元対象のフォルダを指定した上で復元ウィザードを実行することになります。

 

  1. サーバーのバックアップを保存していたHDDと、システムをインストール対象のHDDを接続してWHS2011のインストールDVDから起動します。
  2. [既存のインストールの修復]を押下します。
    110508001
  3. サーバーのバックアップを保存していたHDDを自動的にスキャンします。
    110508002
  4. [システム イメージ バックアップの選択]画面が表示されます。
    110508003
    [利用可能なシステムイメージのうち最新のものを使用する] を選択すると、サーバーの最新のバックアップを復元します。これを選択した場合は9 に進みます。
    ・ [システムイメージを選択する] を選択すると、サーバーのバックアップの中から日時を指定して復元することができます。
  5. [システムイメージを選択する]を選択した場合、復元するコンピューターのバックアップの場所を指定する画面が表示されます。以下の画面の[場所]に、サーバーのバックアップを保存したHDDが表示されていない場合は、[詳細設定]を押下して 6 に進みます。HDDが表示されていたら7に進みます。
    110508004
  6. [ドライバーをインストールする]を押下します。
    110508006
    以下の画面が表示されますので、Windows 2008 Server R2 またはWindows 7 x64用のマスストレージドライバーまたはインターフェイスカードのドライバーをUSBメモリ等に用意して接続したら[OK]を押下します。
    110805008
    WHS2011のサーバーバックアップではHDDにしかバックアップイメージを保存できませんが、Windows ServerのWindows Server バックアップ を利用すると、HDD以外にDVDやネットワーク上の共有フォルダーに対してバックアップイメージを保存することができます。その場合は、[ネットワーク上のシステム イメージを検索する]から復元するイメージを指定したり、5の画面でDVDメディアを指定することもできます。
  7. バックアップを保存していたHDDが一覧に表示されたら、当該のHDDを選択して[次へ]を押下します。
    110508010
  8. 復元するシステムイメージの日時を選択します。
    110508009
  9. 復元方法を選択します。
    110508011
    ・ [システム ドライブのみ復元する]にチェックをつけるとバックアップイメージの中からシステムドライブだけを復元します。ただしこの場合でも上の[ディスクの除外]で除外するHDDを選択しない限り、認識されているすべてのディスクはすべて再フォーマットおよび再パーティショニングが実行されます。また、このオプションを実行すると、サーバーの共有フォルダーがダッシュボード上で認識されない場合がありますので、14 の操作が必要となる場合があります。
    ・ [ディスクの除外]を押下すると、以下の画面でフォーマットや再パーティショニングの対象外とするディスクを選択できます。この一覧画面ではサーバーのバックアップに用いていたHDDは除外されています。それ以外のHDDが正しく一覧に表示されていることを確認します。表示されていない場合は、上の画面で[ドライバーのインストール]を押下してマスストレージドライバーまたはインターフェイスカードのドライバーを適用します。
    また障害が発生していなかった正常なセカンダリHDDを除外すると復元に要する時間を短縮することもできます。
    110508012
  10. 以上ですべてのオプションの指定が完了です。問題なければ[完了]ボタンを押下します。
    110508013
    [完了]を押下すると以下の確認画面が表示されますので[はい]を押下します。
    110508014
  11. 復元がプロセス始まります。
    110508016
  12. リストア先のHDDが、元のHDDよりもサイズが小さい場合や必要なHDDが接続されていない、または除外されてしまっている場合などは以下のエラーが表示されます。この場合は再度最初からやり直し、システムの構成と除外するディスクの指定の見直し、およびドライバの適用などを行います。
    110508015
  13. 復元が完了すると自動で再起動します。必要に応じてライセンス認証等を行います。システムリカバリなので、アドインやユーザーアカウントの再設定は不要です。
  14. 9 で[システム ドライブのみ復元する]を選択した場合、セカンダリHDDは復元されないため、以下のような状態になる場合があります。
    110508018
    対象のフォルダーを選択して右クリックし、[見つからないフォルダーの再作成]を押下して、[場所]を指定した上で新しいフォルダを作成するか、復元時にフォーマットしなかったHDD上にあるフォルダを指定します。HDD上のフォルダを指定した場合、当該フォルダの中身をそのまま移行することができます。
    110508019
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

コメント

  1. SECRET: 1
    PASS: 81e7eac84aff5bf5be9c9c7c80216652
    zigsowというレビューSNSでこの度WHS2011のレビューをさせていただいた者です。諸事情があってサーバーのフルリストア手段がなくレビューの解説にこちらのご説明をリンクさせていただきました。
    事後報告で大変申し訳ありませんがご了承していただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました