[FAQ]WHS と ルーターの設定

WHSの導入で躓きやすい一番のポイントはルーターの設定でしょう。
UPnPで自動構成出来るようにWHSは作られていますが、国内のルーターは自動構成がうまく機能しないルーターの方が多いようです。
うまく機能するルーターでは、WHSのリモートアクセス設定画面([図1])でセットアップをクリックすると、WHSが自動的にUPnPパケットを送信し、ポート開放を実施します。成功すると、ルーター構成の詳細画面([図2])の5つの項目が全て緑のチェックマークになります。

・[図1]WHSのリモートアクセス設定画面

00144cfcba3a0bde8615af8fa9390cdd

・[図2]ルーター構成の詳細画面

fed23bf8427c6f8a32e4a53fe1bed0b8

セットアップを実施しても、ルーター構成の詳細画面にチェックが全てつかない場合には、手動でルーターを構成することになります。


手動設定する内容

  1. WHSのIPアドレスをスタティックに割当
    ルーターのDHCP機能で、スタティック(静的または固定割当)が出来る機種は、ルーター上で設定。それ以外は、WHSのネットワーク設定のTCP/IPのプロパティを開き以下のように設定。
    ・IPアドレス
       ルーターと同一サブネット内のアドレスを重複ないよう指定
       たとえばルーターのLAN側アドレスが192.168.0.1/24の場合   192.168.0.10などを指定。
       (ルーターでDHCPがONの場合はDHCPで予約している範囲外のアドレスを指定すること)
    ・サブネットマスク
       ルーターのLAN側アドレスのサブネットと同じ値を指定
       通常初期設定は 255.255.255.0(上記の/24と同じ意味) でサブネットを切っている機種が多い
    ・デフォルトゲートウェイ
    ルーターのLAN側アドレスを指定
    ・DNSサーバー
    ルーターのLAN側アドレスを指定
  2. ルーター上でポートフォワーディング設定
    WAN側から到達するパケットのうち、
    • TCP 80(HTTP)
    • TCP 443(SSL)
    • TCP 4125(RDPプロキシ)

            の各ポートへのパケットを LAN側のWHSのアドレスを宛先アドレスとして転送するように設定

     3. ルーター上のパケットフィルタ設定(通常は 2 を実施すると不要)

  2で指定したWHSのアドレスへのTCPパケット(80/443/4125)を許可するように設定
【設定例】
フィルタ種別 : 通過
送信元IPアドレス: *
宛先IPアドレス : 192.168.0.10(WHSのアドレス)
プロトコル種別 : TCP
送信元ポート : 80 (443,4125も設定)
宛先ポート :80(443,4125も設定)
方向 : 順方向


つながらない場合の切り分け手順

    1. LAN内のパソコンから WHSのアドレスに対してPingが通るか
      コマンドプロンプトで 
      ping 192.168.0.10(WHSのアドレス)
      と入力し、パケットが帰ってくるか確認
      NGの場合 → WHSがルーターのLANポートに接続されているか確認
      WHSのIPアドレス・サブネットマスクを確認 
    2. WHSからルーターのLAN側アドレスに対してPingが通るか
      WHSにリモートアクセスでログオンし、コマンドプロンプトで ping 192.168.0.1(ルーターのLAN側)
      と入力し、パケットが帰ってくるか確認 
         NGの場合 → WHSがルーターのLANポートに接続されているか確認 
         WHSのIPアドレス・サブネットマスクを確認
    3. LAN内のパソコンから http://xxx.homeserver.com の名前解決を確認
         コマンドプロンプトで 
         nslookup xxx.homeserver.com
      と入力し、結果として帰ってきたアドレスがルーターのWAN側アドレスと一致するか
      ※ルーターのWAN側アドレスはルーターにログオンし設定用Web画面から確認
      NGの場合   →   WHSのリモートアクセス設定画面のドメイン名
      名前:https://xxx.homeserver.com
      になっているか確認
    4. LAN外のパソコンや携帯から https://xxx.homeserver.com にアクセス出来るか
      NGの場合 →  ルーターのポートフォワーディング設定が正しく行われているか確認

以上が主な手順です。ルーターの配下にルーターを配置しているような場合(たとえば、回線事業者からレンタルしたルーターとは別に無線LAN親機として無線LANルーターを配置している場合)、WANに一番近いルーターをデフォルトゲートウェイとし、配下のルーターはルーター機能をOFFにするか、DHCP機能をOFFにすること。
また、上記のポートフォワーディング設定は全てWAN側に近いルーターに対して実施すること。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. けろちゃん より:

    SECRET: 0
    PASS: a3d4d8f6a5a7029bd48a2a74bba15e15
    弊方HP EX490の立ち上げと、ブログ引用に利用させて頂きました。ありがとうございました。