[記憶域スペースをPowerShellで使いこなす]New-Volume

New-Volume

概要

New-Volumeは、ファイルシステムを特定してボリュームを作成するコマンドレットです。

Windows Server 2012 R2、Windows 8.1で新たに導入されたこのコマンドレットは、仮想ディスクの作成とボリュームの作成をいっぺんにできることから、よく用いられる重要なコマンドレットとなります。

Windows Server 2016のPowrShellで、

を実行した結果は、以下の通りです。

Net-Volumeの詳細は、MSDNおよびTechNetライブラリのNew-Volumeを参照してください。

Windows Server 2016、Windows 10 New-Volume
Windows Server 2012 R2、Windows 8.1 New-Volume
Windows Server 2012、Windows8

構文例

例1:ミラースペースを新しく作成し、その上にボリュームを作成する

このコマンドでは、記憶域プール”CompanyData”の上に、フレンドリー名”TestVolume”、固定プロビジョニング、回復性タイプは”ミラー”、サイズ 10GBの仮想ディスクとボリュームを作成。

さらに、ボリュームをNTFSでフォーマット、ドライブレターに”M”をアサインするところまでを1つのコマンドで実行しています。

例2:記憶域階層を新しく構築し、ボリュームを作成する

このコマンドでは、記憶域プール”CompanyData”の上に、あらかじめ作成されていた記憶域階層から高速階層20GB、標準階層80GBの領域を用いて、フレンドリー名”UserData”、固定プロビジョニング、回復性タイプは”ミラー”の仮想ディスクとボリュームを作成。

さらに、ボリュームをNTFSでフォーマット、ドライブレターに”M”をアサインするところまでを1つのコマンドで実行しています。

記憶域スペースを管理するPowerShellのCmdletに、その他にも主なコマンドレットの一覧を掲載しています。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする