Microsoft Virtual Academy の無料コンテンツでサーバーOSに関する知識を身につける

Microsoft Virtual AcademyはMicrosoft が無料で公開している、Microsoft製品の自習サイトになります。サイトをご覧頂くと「専門家が提供する~」と記載があることに気づかれると思いますが、大半のコンテンツはMicrosoft MVPが作成しているものになります。

通常、Windowsサーバー 製品に関する知識を身につける機会は、仕事でサーバーOSを使っている場合の除くと、かなり限られると思います。私も仕事でサーバー製品の管理などをしている訳ではないので、有償トレーニングを受けられる訳でもなく、知識を身につける方法は独学しかもまとまっていてかつ深い部分まで踏み込んだ情報は日本語でオープンになっている情報は非常に限られていて、苦労しています。

このMicrosoft Virtual Academyでは、日本語で動画やPDFなどの多数の自習コンテンツが公開されており、製品に対する理解やベストプラクティスを学ぶにはうってつけの場となっています。Windows サーバーの知識を身につけたいと思っていたけれど、なかなか情報がないなと思っていた方、あるいは新製品に関する情報のキャッチアップをしたいと思っている方、是非Microsoft Virtual Academyを活用してみて下さい。

個人的にオススメなのは、以下のコンテンツです。

初めてのWindows Server 2012
Windows Server 2012 の概要 ~サーバーマネージャー、ストレージ、Hyper-V~
Windows Server 2012 のストレージ新機能
Windows Server 2012 のバックアップ

なお、Microsoft Virtual AcademyはサーバーOSだけではなく、クラウドサービスや開発言語、SystemCenterなどの管理用製品など、Microsoft製品全般が対象となっていますので、サーバーOSに興味のあるIT Proだけではなく、Dev/Ops系の方も是非覗いてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする