コロナ禍のこんな時代だから見直したい、中小企業向けITインフラとしての「Windows Server Essentials エクスペリエンス」が持っていた意義

Windows Server 2012 Essentials

コロナ禍により、在宅勤務・テレワーク中の方も多いかと思います。大企業は今年予定されていたオリンピックに向けてある程度のインフラが整っていたのでしょうが、中小企業には全くインフラが無くて苦慮されたところも多かったのではないかと思います。

実際には大企業も、これほど大規模な全国一斉の在宅勤務は想定外で、特にクラウドを利用せずに構築されていた設備のキャパシティ増強対応に奔走されている情シスの方も多いと思います。

「Windows Server Essentialsエクスペリエンス」は開発が終了してしまいましたが、リモートWebアクセスで社内のPCにリモートデスクトップ接続やVPNができたり、O365の契約をダッシュボードで統合管理できる「Windows Server Essentialsエクスペリエンス」を導入されていた中小企業には、もしかしたら今回のコロナ禍の中で円滑に業務継続ができたところがあったのではないか、こんな時代だからこそ「Windows Server Essentialsエクスペリエンス」が見直される時代ではないかと考えています。

実は中小企業のテレワーク基盤として手ごろだった、「Windows Server Essentialsエクスペリエンス」

Windows Serever Essntialsエクスペリエンスとは?

ここでいう「Windows Server Essentialsエクスペリエンス」は、Windows Home ServerやWindows Small Business Serer Essentialsの流れを汲んで、簡単にサーバーの管理ができるダッシュボードや、クライアントコンピューターやサーバーに対する外部からのアクセス、共有フォルダー、クライアントコンピューターのバックアップなどの機能を搭載したものです。

Windows Server 2012までは、”Essentials”という名前のついたWindows Serverのエディション(SKU)でのみ利用できる機能群でしたが、Windows Server 2012 R2 からは、これらの機能がサーバーの役割「Windows Server Essentialsエクスペリエンス」となり、StandardやDatacenterなどのSKUでも利用できるようになりました。

この記事中では、Windows Server 2012 EssntialsまでのEssentials エディション特有の機能と、Windows Server 2012 R2 以降で利用できる「Windows Server Essentialsエクスペリエンス」を包含して、「Windows Server Essentialsエクスペリエンス」と記載します。

ややこしいのは、Windows Server 2019 Essentials

「Windows Server Essentials エクスペリエンス」はWindows Server 2016を最後に開発が終了し、Windows Server 2019 EssentialsはSKUとしてEssentialsの名は冠するものの、「Windows Server Essentials エクスペリエンス」は非搭載のOSになっていますので注意が必要です。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)

コメント

タイトルとURLをコピーしました