[FAQ:WHS2011]WebDAV関連のTips

以前ご紹介をした、[FAQ:WHS2011]WHS2011でWebDAVを設定するAdd-in:WebDAV for WHSと合わせて参考にしてください。

Windows 7 で WebDAVを経由して大きなサイズのファイルを送受信する場合

1.ファイルアップロードのタイムアウト時間を長くする

Windows 7 では、WebDAVのタイムアウトが30分に設定されています。レジストリを修正して、このタイムアウト時間を長くします。

  1. Windows 7 クライアントでレジストリエディタを開きます。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\MRxDAV\Parameters を開きます。
  3. FsCtlRequestTimeoutInSec のDWORD値を10進数で1800(秒)よりも大きな数字にします。1時間に設定するには、10進数で3600となります。

2.ファイルのダウンロードサイズ上限を大きくする

Windows 7 のWebClientではデフォルトのダウンロードサイズの上限が50MBに制限されています。このサイズ制限を大きくして大きなファイルのダウンロードを可能にします。

  1. Windows 7 クライアントでレジストリエディタを開きます。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\WebClient\Parameters を開きます。
  3. FileSizeLimitInBytes のDWORD値を大きくします。16進数で ffffffff にすれば最大値の約4GB(4294967295バイト)を指定することが出来ます。

サーバー側の30MBサイズ上限を拡張する

IIS 7から導入された要求フィルターでは[許可されたコンテンツ最大長]は30000000バイト(28.6MB)になっています。これよりも大きなサイズのファイルを送受信する場合には、許可されたコンテンツ最大長を拡張します。

  1. サーバー側でインターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャーを開きます。
  2. WebDAV用に作成した仮想ディレクトリーを開き、[要求フィルター]をダブルクリックします。
    120527001
  3. 右側操作ペインの[機能設定の編集…]を押下します。
    120527002
  4. 許可されたコンテンツ最大長に適切な値を指定します。最大値は4294967295バイト(16進数でffffffff )になります。
    120527003
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする